midashi_01.png

街並みに見る高畠石

切り出された石は日常生活の様々な場面で利用されてきました。建物の基礎や境界として、また土止めの石など外構にふんだんに用いられています。これらは町内全域で見ることができます。また、旧高畠駅舎や石蔵などの建造物も現存しています。

 

machi_001.jpg machi_002.jpg
 旧高畠駅  

 高房神社 石鳥居 
machi_003.jpg machi_004.jpg
 大日如来  

 米鶴酒造の石塀 
machi_006.jpg
 酬恩碑 

 
machi_005.jpg

「草木塔」などという碑文が刻まれた石塔のこと。採取した草木から恩恵を受けて生活していることに感謝し、供養する意味で建てられたと考えられます。置賜地方に多く建立されており、高畠町には上和田地区に明治期のものを含む3基ほどが確認されています。

 

machi_008.jpg
     草木塔