midashi_01.png

高畠石と石切り場

高畠石は江戸期から数百年にわたり採掘されてきました。「ホッキリ」と呼ばれるつるはしや玄のうを用いた手掘りでした。そのため、一本の角石を切り出すのに約4,000回もホッキリを振り下さなければならず、一日1本採れれば一人前と言われたとのこと。

ishi_001.jpg
瓜割石庭公園 


瓜割石庭公園では、大正12年〜平成22年まで採掘されていた「瓜割丁場」の跡を見ることができます。
 

ishi_002.jpg


高畠石は、無数の気泡がある、
高畠名産の石材です。
現在でも、天然石材の持つ暖かさや質感が
好まれて様々な用途に用いられています。

ishi_005.jpg 
   





より大きな地図で表示