弥三郎婆

 その昔、八幡太郎義家に敗れた安部一族の武将の子で弥三郎という武士がいました。ある日、弥三郎は妻子と母を残して武者修行にでかけました。その後、妻子は悪病に倒れ、母は苦しみもだえた末、鬼女になりました。

 鬼女は橋のたもとで狼を使い、旅人を襲っては金品を奪っていました。人々はその橋を「おっかな橋(恐ろしい橋)」と呼んで恐れていました。

 武者修行を終えた弥三郎が郷里へと急ぐ途中、橋のたもとで突然襲いかかる者がいました。じっと見据えると、白髪の老婆が何頭もの狼を使い襲っているのでした。弥三郎は狼を追い払い、老婆の右腕を斬り落としました。しかし、老婆の姿はすでにありませんでした。

 弥三郎はその腕を拾い持ち、懐かしの我が家にようやく戻りました。家はすっかり荒れ果てていました。かすかに奥の間から唸り声がするので、近づいてみるとそこには母の姿がありました。母は涙ながらに妻子の死を伝え、苦労してお家再興の資金を貯えたことを話しました。

 弥三郎も修行中の苦労話や橋のたもとでの出来事を話しました。そして、橋のたもとで斬り落とした右腕を見せると、母はたちまち鬼女となり、その腕を取り上げて天高く飛び去りました。鬼女は弥彦山(新潟県)へ行ったといわれています。

 弥三郎は母を哀れみ、屋敷内にお堂を作り、「妙多羅天」として祀りました。また、弥彦山へ去った弥三郎婆は、今までの行いを恥じ、貧しくて結婚できない男の嫁さがしなどをして人々から縁結びの神として崇められたそうです。

 

minwa_01.jpg minwa_02.jpg
 おっかな橋(一本柳地内)   妙多羅天(一本柳地内) 

町内には「弥三郎婆」のほかにも民話や昔話が残されています。ご興味のある方は、ぜひ町立図書館に足をお運びください。

 


◎ お問い合わせ先
高畠町立図書館 0238-52-4493
http://takahata-lib.inet-tmc.net/WebOpac/webopac/index.do